ストックフォトを始めて、大体ひと月が経ちました。

今現在、PIXTA、Adobe Stock、写真ACの3メディアに投稿しているのですが、2022年11月17日時点の売上状況をまとめました。

一番最初に売れたPIXTA

写真素材【PIXTA】

  • 販売開始:2022年10月14日
  • 登録点数:66点
  • NG率:7.0%(5回/71回)
  • 販売数:単品2 / 定額制2
  • 獲得:7.29クレジット
  • 獲得金額(換算):約801円

開始早々に1枚販売できて幸先よかったPIXTAですが、その後は伸び悩みました。

原因のひとつは、アップロード制限。
最初の状態は30枚/月までで、アップロードできる素材数に限りがあります。2か月目に入る、50枚/月にアップしたのですが、無制限にアップロードできるAdobe Stockに比べるとこの点は不満です。

ただ、Adobe Stockほど審査が厳しくはありません。
MINI(車)の写真をアップしても、ロゴを消せば問題なく通りました。
Adobe Stockはクラシックミニは大丈夫ですがBMW MINIはダメでした。

もっとも、Adobe Stockは審査を通過したので、PIXTAはダメだった写真もあります。

それぞれの会社ごとにポリシーが異なるのですね。または、審査する担当者によって判断が異なるという可能性もあります。

無制限アップできて報酬も良いAdobe Stock

ストック写真/ロイヤリティフリー写真【Adobe Stock】

  • 販売開始:2022年10月14日
  • 登録点数:75点
  • NG率:23.5%(23回/98回)
  • 販売数:14
  • 獲得:$14.86
  • 獲得金額(換算):約2072円

Adobe Stockは噂通り審査が厳しいですが、アップロード数に制限がないので、サクサク登録できるのが非常に良いです。

ただ、NGになった場合の原因について、指摘が大雑把なので、どこをどう直せば良いのかわかりづらいのは難点です。

98点申請して、23点ほどNGになりました。そのうちのほとんどは、修正して再審査で登録できました。

無制限にアップできるので、まぁ良しとします。

報酬額が極端に低い写真AC

無料素材のフリーダウンロードサイト【写真AC】

  • 販売開始:2022年10月14日
  • 登録点数:19点
  • NG率:0%(0回/19回)
  • ダウンロード数:14
  • 獲得:45.5pt
  • 獲得金額(換算):約45円

写真ACは、無料でダウンロードできるため、他のストックフォトと同じ写真をアップしてしまうと、より報酬単価の高い他のストックフォトの写真が売れなくなってしまいます。

また、掲載されている写真全体のクオリティも低めなので、それに合わせて、有料ストックフォトでは売れないような写真だけをアップしました。

その結果、登録点数が非常に少ないですが、ダウンロード数は登録点数が4倍のAdobe Stockと同じです。

ただ、異様に低い報酬単価のため、獲得金額はわずか。
写真ACメインにして、ダウンロード点数を10倍にしたところで、たかが知れているので、今後も積極的にアップロードすることは無さそうです。

写真ACは、著作権を放棄しないといけないのも嫌ですし。

最初としてはまずまず

最初のひと月で約3000円。登録写真数が増えれば増えるほど、獲得金額も増えるので、まずまずではないでしょうか。

登録するために、レタッチをしたりキーワードを考えたりする手間はかかりますが、ものすごく労力がかかるわけではないから良いですね。

レタッチ自体も楽しいですし。