カッコよくてコンパクトでめちゃくちゃ気に入ってたのに 開放でのあま~い描写が嫌で手放したFUJIFILM X100Fですが、後継機のX100Vが発表されましたね。

FUJIFILM X100V

新レンズに期待が膨らみます

初代X100から引き継がれてきた23mm(35mm換算35mm)の単焦点レンズがついにリニューアルされて、開放から解像感のある今どきの描写をするレンズになった模様です(歓喜!)。

独特の甘い描写を好んでいるユーザーも一定数(というか結構)いると思いますが、そのような方は申し訳ないですが、引き続きX100Fを使っていただければ良いと思います。

X100Vの詳しいスペックなどは、ネットにたくさん転がっていますので割愛しますが、とにかくレンズが変わったのは本当にうれしい限りです。

防塵防滴仕様にチルト液晶でさらに使いやすく

また、防塵防滴仕様になったのも二重丸。
普段から持ち歩くカメラなので、小雨などで使う際はすごく気を使っていましたが、これからはあまり気を使わなくても良くなりますね。

チルト液晶は以前から要望が多かったですが、ついにX100シリーズにも採用されました。

富士フィルムはレンズの性能を重視するためにボディ内手ぶれ補正を採用しなかったり、ファインダーで撮影してほしいカメラだからチルト液晶にしない等、製品に対するポリシーが非常に明確で頑ななメーカーですが、この頃はかなり柔軟になってきました。
やはり、時代の流れには逆らえない状況になってきたのでしょう。 いくら高尚なことを言っても、製品が売れないと会社としては立ち行かなくなりますからね。

他にも、センサーや画像処理エンジンも最新のものが採用されています。
EVFも画素数が増えて見やすくなっているようです。

正にレンズ交換ができないコンパクトX-Pro3ですね。

何気にFUJINON LENS SYSTEMのロゴが残っているいるのも嬉しいですね。

発売前の予約を初体験

カメラやレンズの発売前にこんなにワクワクしたのは初めてです。
そして、発売前の製品を予約して買うのも初めての経験でした。

シルバーにするかブラックにするか散々悩みましたが、先程シルバーをポチりました。

X100Fがブラックだったので、今度はシルバーにしました。
ブラックは精悍で超かっこいいですが、 X100シリーズはやはりシルバーツートンのノスタルジックな雰囲気がぴったりだと個人的には思います。

FUJIFILM X100V

発売までもう少し日にちがありますので、それまでフードなどのアクセサリーをどうするかなど、悩むことが目白押しです。
楽しいですね。