やはりファインダーで構図を決めたい派なので、価格の安い光学ビューファインダーOLYMPUS VF-1をPENTAX Q7に付けてみました。

PENTAX Q7 + OLYMPUS VF-1
PENTAX Q7 + OLYMPUS VF-1

VF-1にはシルバーの設定しかないので、ブラックボディと合うかなと少し心配しましたが、レンズもシルバーなので違和感ありませんでした。

プラ製の安価なOVFですが、付けるとやっぱりかっこいいです。

ただ、OLYMPUS VF-1はマイクロフォーサーズの17mm、つまりフルサイズ換算34mmの画角に対応するOVFです。01 STANDARD PRIMEは換算39mm単焦点レンズなので、ブライトフレームの内側を目安にしなくてはいけません。

created by Rinker
¥27,599 (2022/10/04 16:42:05時点 楽天市場調べ-詳細)

問題発生、取付できない?!

問題発生です。

PENTAXとOLYMPUSでシューのサイズが微妙に異なっているのか、硬くて装着がかなり困難。

というか、奥まで入りません。
ぽっきり行きそうで、一旦途中で諦めました。

シューの奥まで入らない
シューの奥まで入らず、後にはみ出した状態

これでも固定されていて動かないので、使えないことはないのですが、ちょっとねぇ。

削ってみるか…
いやいやいや、それはちょっと…

うーん。

サンドペーパーで底面をゴシゴシゴシ…。

結局皮一枚削っちゃいました。

無事装着完了

VF-1装着
底面を少しだけ削ってVF-1を無事装着
ブライトフレームはあくまでも目安
ブライトフレームはあくまで目安
男前になりました

ブライトフレームは換算34mmな枠なので、あくまでも目安。

もちろん近い距離はパララックスが発生します。それは例え39mm用のOVFであっても同じです。

ただ、光軸上にホットシューがあるおかげでパララックスが縦軸のみなのは助かります。

どのくらいの距離で、どの程度ズレるかは間隔で覚えていくしかないですね。

ちなみに、フラッシュ使用時は取り外す必要があります。
と言うのも、このOVFは横幅が割とあるので、フラッシュポップアップ時に干渉してしまうのです。

この辺は専用品ではないので仕方のないところです。

まぁ、男前になったおかげで写欲爆上げです。

追記

後でわかったことですが、OVFの底面を削るのは、水平を損ねるのでしない方が良さそうです。

今回、気になるような誤差は感じませんでしたが、厳密に言えば狂いが生じているんでしょうね。