先週届きました。
Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2!

先にTechnics EAH-AZ70Wを購入して出遅れた間にMOMENTUM True Wireless 2があっという間に品枯れ状態に。なかなか入手できなかったのですが、何気なくe☆イヤホンのショッピングサイトを見ると、ホワイトが入荷していたので即座に注文してGETできました。(本当はブラックが欲しかったです。)

1週間ほど使用してエージングもほぼ終わり、レビューの準備ができましたので、投稿にします。

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2
完全ワイヤレスイヤホンの大本命 Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

個人的な感想は音質はTechnics EAH-AZ70Wの方が好み

最近イヤホンに興味を持った私は、はっきり言ってそれほど音質云々のことはわかりませんが、直感というか個人的な好みだけで話すとSennheiser MOMENTUM True Wireless 2の音よりもTechnics EAH-AZ70Wの音の方が好きです。

Technics EAH-AZ70Wの方が音場が広いというか、音の輪郭がはっきりしているというか、クリアかつ重厚な音に聴こえました。

ただ、世間一般ではMOMENTUM True Wireless 2の方が音質が良いと言われていますね。

単に私がドンシャリ系が好きなだけかもしれません。
音楽のド素人にはドンシャリの方がわかりやすい気がします。

だからと言ってMOMENTUM True Wireless 2の音が悪いわけではありませんし、かなり良いと思います。
大人気のAirPods Proと比べると明らかに上質で奥行感があり、高級イヤホンの名に恥じない音質です。

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2
Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2の良いところ

わかりやすくSennheiser MOMENTUM True Wireless 2の優れた部分を書き出すと次のようになります。

  • 音質が良い
  • 操作性が良い
  • 接続が速い
  • 8つのデバイスとのペアリング情報を記憶できる
  • 自然なアクティブノイズキャンセリング
  • 外音取り込みが割と自然
  • ファームウェアのアップデートが多い

この辺りでしょうか。

音質が良いということが一番重要なポイントであるのは間違いありませんが、接続が速いことは実際に使う場面では大事なポイントです。逆にTechnics AZ70Wは接続の速度が致命的に遅く結構イライラさせられます。

また、ファームウェアのアップデートが多いのは、長く使う上で非常に安心感がありますね。

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2
Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2の気になるところ

  • 通話品質が悪い
  • 左イヤホンだけの使用ができない
  • ワイヤレス充電に非対応
  • アクティブノイズキャンセリングの効きが弱い

リモートワークで使用する場合に重要視される通話品質ですが、あまり良くないです。というかどちらかというと悪い方だと思います。

先日、通話品質向上のファームウェアアップデートがありましたが、そこまで良くはなりませんでしたね。残念。

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2は、右イヤホンを親機として左イヤホンに接続する方式。最近の完全ワイヤレスイヤホンは左右イヤホンが独立してデバイスと接続を確立させる左右同時接続方式が多いと思うのですが、これも音質重視のためなのでしょうかね?

それ自体は別にいいのですが、そのためか親機である右イヤホンをケースに収めると左イヤホンはただの耳栓になってしまいます。

右イヤホン→左イヤホンのようにリレー式で長時間使うようなことはできません。また、片方の耳にはイヤホンを付けずに外音をしっかりと聴くような使い方に右イヤホンでしか実現できません。

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2
Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

これまでに使った完全ワイヤレスイヤホンの性能比較

会社で遠隔地のスタッフと通話しながら仕事する機会が多いので、急に完全ワイヤレスイヤホンに興味を持った私。

ここ数ヶ月で以下のイヤホンを使用しました。



完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン House of Marley REDEMPTION ANC



Technics EAH-AZ70W-K(ブラック)完全ワイヤレスイヤホン/ノイズキャンセリング


以上の完全ワイヤレスイヤホンについて、音質、遮音性、外音取込性能、操作性、通話性能、携帯性を100点満点で採点してみました。
気になるフィット感については、耳の形状の違いで感じ方が全く違うので今回は除外しました。

音質遮音外音操作通話携帯
SOUND LIBERTY 535060704080
Soundcore Liberty 2 Pro8070806090
REDEMPTION ANC707060707080
TRACK Air+707070806090
AirPods Pro70100909080100
EAH-AZ70W909060507070
Elite Active 75t707080808090
MOMENTUM TW 2908080805070

総合的にハイレベルなAirPods Pro

主観100%ですが、やっぱりAirPods Proの総合性能は高いですね。ただイヤホンにとって最も大事な音質がちょっと残念なのは個人的には致命的かなと。

決して我慢できないほど悪いわけではないのですが、良くも悪くもフラットで個性のない音質がいただけません。まぁ、それほどこだわりがなければ十分満足できる範囲だと思いますが。

気になりだすとどうしてもこだわっちゃうのが私の悪いところです。

Apple AirPods Pro
Apple AirPods Pro

音質ならEAH-AZ70WかMOMENTUM True Wireless 2

音質に関して抜きんでているのは、やはりEAH-AZ70WとMOMENTUM True Wireless 2。甲乙つけがたい高音質です。

EAH-AZ70Wで痛いのは、操作性の悪さですね。
タッチセンサー長押しで、ノイズキャンセリング→外音取り込み→外音コントロールオフを切り替える仕様で、ノイズキャンセリングから外音取り込みに切り替えると、もう一度ノイズキャンセリングにするために、センサー長押し2回の操作が必要になります。
これはとっても不便。しかも、操作のカスタマイズは一切できません。

逆に言えば、アップデートでカスタマイズができるようになれば、すごく良いモデルに化けそうですね。

Jabra Elite Active 75tとTechnics AZ70Wの大きさ比較
Jabra Elite Active 75t(左)とTechnics AZ70W

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2は通話性能以外はどれも高水準です。通話用は別のイヤホンを使えば、その弱点は補えます。
私は、通話用には有線のEarPodsを使用するようにしています。

はっきり言って、2万も3万もする完全ワイヤレスイヤホンよりも数千円の有線イヤホンの方が通話品質は断然上です。できればマイクが口元に近いタイプが望ましいです。

まとめ

まとめとしては、音質にこだわらなければAirPods Proがおすすめで、音質にこだわるならばMOMENTUM True Wireless 2ですね。

しかし、結局3万円台でないと満足できる完全ワイヤレスイヤホンはないということになりますね。ワイヤレスイヤホンはバッテリーの性質上、消耗品としての度合いが強いので、もう少し手頃な価格になってくれると嬉しいですね。