少し前になりますが、超広角ズームレンズTamron 17-28mm F/2.8 Di III RXDを単焦点レンズSAMYANG AF18mm F2.8 FEに入れ替えました。

超コンパクトなSAMYANG AF18mm F2.8 FE
超コンパクトなSAMYANG AF18mm F2.8 FE

Tamron17-28mmは描写が良く気に入っていたました。
ただ、超広角域ではほぼ広角端しか使わないのでズームレンズである必要はなく、もっとコンパクトな単焦点レンズが欲しくなりました。

Tamron 17-28mmも十分コンパクトなのですが、ズームレンズは単焦点レンズと比べると、どうしてもバッグをある程度占有してしまいます。

もっと小型で軽量なレンズを求めていたところ、SAMYANG AF18mm F2.8 FEは正に理想の1本でした。

created by Rinker
SAMYANG(サムヤン)
¥43,800 (2021/08/01 22:27:57時点 Amazon調べ-詳細)

超広角としては異様なほど軽量コンパクト

超広角レンズはどうしてもある程度大きく重くなりがちですが、SAMYANG AF18mm F2.8 FEのサイズは60.5×φ63.5mm。
そして、重量はわずか145g!

少し大げさな表現ですが、持っていないように軽いのです。
これなら、本当にバッグの隙間にすすっと入れておくことができます。

デメリットとしては、鏡筒やフードがチーピーで所有欲は全く満たしてくれないこと。
この辺りは、軽量コンパクト&価格とのトレードオフなので仕方ないですね。

FE35mm F1.8との比較
FE35mm F1.8(左)と比較しても小さくて軽い

描写もAFも全然悪くない

肝心の描写ですが、私の用途に限れば、全くもって問題ありません。

さすがに開放だと若干甘めですが、超広角は基本的に絞って使います。F8くらいに絞れば、きっちりと解像してくれます。
歪曲はやや樽型ですが、この辺りはソフトでの補正が必要です。

また、AFも爆速までは行きませんが、普通にサッと合焦します。
静かだし全くストレスは感じませんでした。

SAMYANG AF18mm F2.8 FE 作例

SAMYANG AF18mm F2.8 FE 作例
F10  1/60秒 ISO100
SAMYANG AF18mm F2.8 FE 作例
F9  1/100秒 ISO100
SAMYANG AF18mm F2.8 FE 作例
F2.8  1/200秒 ISO100

絞って使うことがほとんどだけど、開放F2.8で被写体に寄ればそれなりボケます。ただし、ボケは美しくありません。

何より気軽に持ち出せるサイズと価格なので、1本持っておいてもいいレンズですね。
SAMYANG なかなか良いです。

撮影地
国宝 瑠璃光寺五重塔

山口県山口市木町1-28(香山公園内)

083-934-6630

https://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/12282