2年前にマイクロフォーサーズのOLYMPUS OM-D E-M5 MarkIIで撮影した関門橋の夜景。

関門橋夜景
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
関門橋夜景
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

使用したレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6。超広角レンズながら、マイクロフォーサーズレンズの中でも一際軽量でコンパクトなレンズです。

超広角レンズとしては価格もお手頃で、コンパクトでとても気に入っていたのですが、夜景を撮った時の画質にがっかりした覚えがあります。

何より光芒が汚いですね。光芒マニアとしては残念極まりないです。

そこで、今回はフルサイズのα7IIIでリベンジです。

組み合わせたレンズは、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、FE 85mm F1.8、Tamron 17-28mm F/2.8 Di III RXDのお気に入りの3本です。



まずは超広角のTamron 17-28mmで全景を収めます。

関門橋夜景
SONY α7III + Tamron 17-28mm F/2.8 Di III RXD

遠景なのでちょっとわかりづらいですが、光芒がすごく綺麗。隅の方も解像してますね。超広角なのでさすがに流れますが、個人的にそれは問題ありません。

フルサイズということもありますが、Tamron 17-28mmのスペックの高さを窺い知ることができます。

続いて、85mmでぐっと寄ってみます。

SONY α7III + FE 85mm F1.8

手前の車線の車が少なく、光の線がわずかなのが残念ですが、こちらも良いですね。
と言うか光芒がめちゃくちゃ美しい!

FE 85mm F1.8はポートレートが主戦場で開放で使うことが多いですが、風景で絞って使っても期待以上の描写をしてくれます。

これでお値段が5万円くらいなので、Eマウントユーザーには絶対おすすめのレンズです。

最後にSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAで近景を撮影。

めかり公園のベンチ
SONY α7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

こちらのレンズも開放付近で使うことが多いですが、カリカリに絞っても良い描写ですね。

絞り開放付近で撮ることがほとんどでしたが、風景、特に夜景を撮り始めて以来、絞って撮る楽しさを覚えました。

あと、風景撮影時は基本マニュアル露出なので勉強になりますし、撮影の幅が広がって楽しいですね。


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディ
撮影地
和布刈公園

福岡県北九州市門司区旧門司2丁目